現在お使いのブラウザはHTML5に対応していないため、JScriptを使用していくつかの要素がきちんと見えるように実現しました。 しかし、残念ながらあなたのブラウザではスクリプト機能がオフになっています。このページを正しく表示するためには、スクリプト機能をオンにしてください。

engLib【イングリブ】プレミアム・マンツーマン英語・毎日のインプット&アウトプット
1:1子供英語イングリブのCEO

我が子のホームスクーリングから始まり、音源付きの5,000冊もの子ども向け洋書を取り揃えた英語図書館「FUN TO READ BOOKCLUB」。 この場所が原点となり、今や日本国内はもとより、世界各地に住む英語の第2言語として学んでいる子どもたちへと英語の感覚を育むプログラムをオンラインで提供しています。

ミンジェ. CEO at engLib

元々システムエンジニアだった私が海外経験が全くない子供たちの英語教育で悩んでいた時、英語教育先進国のアジアの国々では、子供達が多読多聴により英語力を習得していることを知りました。迷うことなく、すぐに子供向けの英語の絵本を集め始め、長男に多読をスタートさせたのがイングリブの前身の英語図書館創立のきっかけです。現在14歳の次男は、私が独自開発してきたカリキュラムを続けた結果、発音はアメリカ人と間違われるまでになり、既にアメリカの大学生水準の英語力を持っています。また、多読を進めてきたことで、息子たちは本を読むことが好きになり、自分の興味のある分野の知識を深めたいという気持ちから更に専門性の高い本を読むようになり、また幅広い分野への興味も広がるといった学びの好循環も経験しました。息子達の英語力は、彼らの将来の夢を更に大きなものにしてくれることは間違いないと本人達も実感しています。このような私たちの体験を、身近な地域の子供達、そして日本中、世界中の子供達に広げていくことを楽しみにしています。

image
image
image
image
BEN®   Beyond English Native

BEN(Beyond English Native)システムの名前は、アメリカで初めて図書館を設立したと言われているBenjamin Franklinに由来します。英語図書館の開設から始まったイングリブの多読多聴カリキュラムを通して、ネイティブ並の英語力を習得し、アカデミックに活躍している生徒達がたくさんいます。「ネイティブ英語、それ以上の英語力を目指して」という意味合いも込めて、効率的で効果的なアプローチで英語力をつけるための独自開発システムにBENと名付けました。

一度体験してみませんか?
image
image
image

英語幼稚園に通っても英語の本がちゃんと読めなくてお困りですか?

英語幼稚園は、子供たちが早い段階で英語に触れる機会を提供してくれますが、全ての子供が自然に英語の本を読めるようになるわけではありません。特に、英語の読み書きに欠かせない「音と文字の対応」を学ぶことが重要で、これをしっかり習得しないと、いくら英語に日常的に触れていても、簡単な英語の絵本でも日本語の絵本のようにスラスラ読むのは難しいです。

フォニックスは、音声(発音)と文字の対応関係を教え、子供たちが英語の単語を正しく読むための強力なツールです。フォニックスを体系的に学ぶことで、絵本などのシンプルな英語の本を自分でスムーズに読めるようになります。早期の段階でこの基礎を固めることで、子供は自らの力でどんどん新しい単語や文を理解し、英語力を独自に高めていけるのです。

加えて、フォニックスを使って自信を持って読み始めることで、子供たちは英語の絵本や物語に親しみ、英語学習に興味を持ち続けることが期待できます。楽しさが伴う学習の習慣を育てることで、自然な英語習得への道を開きます。

英語塾に長く通っても日本語式の英語の発音のままですか?

英語塾で長く学習しても、日本語の音韻体系が英語の発音に影響している場合、カタカナ英語になりがちです。特に、日本語に存在しない音("th" や "r"など)の発音は、日本語の音と混ざってしまうことがあります。これを防ぐためには、フォニックスを通じて音と文字の結びつきをしっかり学ぶことが重要です。

フォニックスは、英語特有の音(例えば "sh", "th", "ph"など)の発音と、その音がどのように文字に反映されるかを詳しく教えます。このスキルを身につけることで、子供たちは正しい音に対応する発音をマスターし、日本語に依存しない自然な英語発音を実現できます。

また、フォニックスを学ぶことで、英語の読み書きがスムーズになり、単語を正確に発音できるようになるため、自信を持って英語を使うことができるようになります。この自信は、英語のスピーキングやリスニングにもつながり、学習全体の効率を高めます。英語塾での長期的な努力を最大限に活かし、英語力を飛躍的に伸ばすために、フォニックスの体系的なトレーニングは非常に有効です。

image
image

英感を育てるため英語知識の絶対量を正しく楽しく増やす『インプット・プログラム』

正しい英語感覚を身につけるための基礎である、正しい音源を聞きながら自分のレベルに合った本を音読する(インテンシブリーディング)習慣をつけます。生徒はリーディングを通して、新しい単語や表現に出会い、習慣化することで英語感覚を得ていきます。また、シャドーイングも取り入れ、生徒は発音やイントネーションの真似をすることが楽しくなり、日本語にない母音やイントネーションなども自然に吸収していきます。また、毎週のレッスンでは、イングリブの『メタ認知式教育法』を熟知したバイリンガルの先生が生徒自身の気づきを促すような問いかけをすることにより、インプットを確実にしていきます。また、英語初心者の生徒さんにはフォニックスからスタートし、簡単な本がすぐに読めるようになります。

十分なインプット量になったらアカデミックな英語力を目指そう『アウトプット・プログラム』

インプットしてきた知識を使って自分自身の文章を作成してアウトプットしていきます。『アウトプット・プログラム』初心者の生徒さんは、Show and Tellコースで、自分が話してみたいトピックを選び、マインドマップ、アウトライン、スクリプト(作文)を作成していきます。週1回ネイティブの先生と1対1レッスンで自分のスクリプト(作文)を発表し、先生と一緒にリアルタイム添削で直していきます。また、少しレベルが高い生徒さんには、Discussionコースを用意しています。Discussionコースでは、世界的に有名なTED EDUCATIONの教育ビデオを教材として使用し、毎週生徒さんが選択した1本のビデオについてネイティブの先生と英語のみで自分の考え方を発表し、リアルタイム添削をしてもらいます。

生徒の積極的学習習慣を促すイングリブ独自開発オンライン学習システムBEN

『メタ認知式教育法』を基本として、生徒の学習行動を促進するオンライン学習システムを独自開発しています。これは、生徒の学習モチベーションを高める様々な仕組み、メタ認知に働きかけて正しい知識を生徒の脳に長期記憶としてインプットする仕組みなど、課題やレッスンの際に使用するプラットフォームです。

日本生まれ、海外経験なしの子供が、世界基準の英語力を習得するなんて無理?

そんなことは全くありません。言語感覚を磨くために一番重要な子供時代を逃さず、正しい方法で耳と目から正しい英語の知識をインプットする習慣をつけることで、世界基準の英語力を身につけることは可能です。イングリブは、長年の実証研究から効率的かつ効果的に正しい英語のインプットを促すカリキュラムを提供しています。そして多くのイングリブキッズがネイティブ並の発音を習得するのはもちろんのこと、海外大学でも通用する英語力を持つまでに成長しています。

英検に合格することが英語学習の第一目標になっていませんか?

英検は、試験対策をすることで合格できますが、それは将来役に立つ英語力を習得したというわけではありません。一生使える英語力とは、イングリブが提唱している多読多聴を通して英語感覚を養うことです。私たち親世代が失敗してきた従来の英語学習法で自分の子供の貴重な時間を無駄にしないでください。イングリブのカリキュラムを通して、生徒はリーディングレベルを確実に上げ、本当に将来役立つ英語力を身につけ、自然な形での英検合格を実現しています。

英語より今は学習塾の方が重要だと考えていませんか?

言語習得には、貴重な子供時代を逃さないことが重要です。受験対策のためのその場限りの知識を詰め込む従来の学習法では、一生使える英語力を身につけたことにはなりません。正しい時期に正しい方法で正しい知識をインプットし続けていくことで、必ず将来イングリブを続けていて良かったと思う時が来るはずです。イングリブのメタ認知に注力したカリキュラムを通して、発音の上達を実感したり、本をすらすら読めるようになると、自分の学習法に自信を持つようになり、他の教科においても積極的な学習習慣を確立できるようになります。

英会話教室やインターナショナルスクールに通えば、英語力は自然に身に付くと勘違いしてされていませんか?

英会話スクールに通い続けていても簡単な英会話はできるようになりますが、高度な内容の会話ができるようには中々なりません。イングリブでは、レベル別の多読多聴プログラムを提供するだけでなく、生徒のメタ認知力に働きかけながら英語知識の絶対量を増やすことに注力しており、ただの英会話に終わらない英語力を実現しています。また、インターナショナルスクールに通いながら、イングリブのカリキュラムでアカデミックな英語力をどんどん上げている生徒さん等もいます。

image
HOW TO START

無料体験レッスンまでの流れ全てオンラインで実施されます

  • 1分程度で簡単に申し込むことができます。

  • イングリブからの連絡を待つ

    営業日24時間以内にメールで連絡します。
    迷惑メールのチェックも忘れずに!

  • レッスン日の確定

    イングリブ担当者と一緒にレッスン日を決めます。

  • レッスン当日

    インターネット環境、Zoomインストール、パソコンまたはタブレットとヘッドセットを事前にご用意ください。(パソコンおすすめ)

今なら体験が無料!

無料体験登録フォーム


ドコモ、au、ソフトバンクを含むキャリアメールの登録はできません。キャリアメール以外のメールアドレス(Gmail、Yahoo!メール等)をご利用ください。 キャリアメールをご利用の場合、「PCからの受信拒否」や「なりすましメールの受信拒否」などの設定によって弊社からのメールを受信できず、正常にサービスをご利用いただけない可能性がございます。

日本で生まれ育ち、海外経験がないのに、帰国子女に間違われました。

娘は日本で生まれ育ち、公立学校に通っていますが、嬉しかったのは、他の生徒さんたちと音読の練習をしていた時に他の保護者から帰国子女と間違われたことです。イングリブが提唱している「言語習得に重要な子供時代を逃さず正しく効率的にインプット量を増やす」をできたおかげだと思っています。子供の貴重な時期を逃さず、イングリブのカリキュラムに沿って正しい音を聞きながら音読やシャドーイングの練習を続けているうちに発音がネイティブのようになり、その効果に驚いています。

英検3級合格しても英語ができていると感じなかった。イングリブで最適な英語学習法にたどり着きました。

小学6年生の時に英検の試験対策本を勉強して3級に合格しましたが、英語を使えるようになった訳ではなかった。イングリブのカリキュラムを通して正しい音を聞きながら楽しくリーディングの練習をするようになり、これまで聞き取れなかったことがいつの間にか理解できるようになった。それと同時に自分でもその表現を使ってみたいと思うようになり、今ではアウトプットプログラムを通して自分自身の意見や考え方を発表する力がついてきていると感じている。

アメリカから帰国後、英会話スクールでは進歩せず。

息子が幼稚園の時、2年間ほどアメリカに住んでいました。帰国後、公立小学校に通わせながら2年間英会話教室に毎週2回通わせていましたが、日常会話程度の語彙力を維持しているだけで進歩していないことに気がつきました。イングリブでは、普通の英語教室とは違い、アメリカの小学校の国語の授業でも使用している本を使い、子供のレベルに合った形で圧倒的な量の文章や表現を自分のものにしていきました。2年経った今、息子は英検2級にもすんなり合格し、リーディングレベルB2-1で毎週1回新しい題材になるサイエンスビデオのシャドーイングを楽しみにやっています。

毎日、本を読む習慣ができたことで英検は自然に受かるものだとイングリブでわかりました。

小学校1年生からイングリブでフォニックスから始めました。すぐに簡単な本が読めるようになり、もっと難しい本が読めるようになりたいと思い、イングリブのプログラムの通りに多読多聴を続けていたら、試し受けてみた英検にすんなり受かってびっくりしました。

中学1年生からイングリブを始めて、大学生の今ではTed Educationのビデオで議論ができるまでに。

中学1年生の時にイングリブに出会い、それまで英会話教室や英語塾を転々としていた時間は無駄だったと後悔している。イングリブが推奨しているインプット量を増やす方法は一番効果的で、大学生になった今ではアウトプットプログラムを通して表現力を磨いていて、今ではネイティブの先生との議論の中で説得力のある意見を言えるまでになった。イングリブで小さいお子さんがネイティブ並みの発音で音読練習をしている姿を見て、小学生の時にイングリブに出会っていたらと思う。

インターのクラスで一番英語が苦手だったのが、イングリブ開始1年後にはリーディングレベルが学年トップになりました。

幼稚園からインターナショナルスクールに通っていますが、ずっとESLクラスに入っていました。イングリブを始めるようになってから、どんどん本が読めるようになり、3ヶ月後にはESLを卒業し、今では帰国子女の友達のリーディングレベルを超えて学年1番になりました。

動画のシャドーイングが楽しくて娘と競争しています。

動物の動画を観ながらシャドーイングを始めたばかりの時は、ネイティブの言葉が速すぎて何を言っているのか全くわかリませんでした。毎日練習を続けていると、1ヶ月ほどで音の速さにもなれ、音の真似をするのが楽しくなりました。娘は、動画に出てくるネイティブの話し手のジェスチャーまで真似するようになり、本物のネイティブのような発音やイントネーションで発声するようになり、今では、私も娘と一緒にシャドーイングの練習を楽しみ、二人で競争しながら毎日楽しく練習しています。

イングリブの先生は、英語を学ぶことだけは大好きなADHDを持つ娘に上手にしっかり向き合ってくれます。

ADHDを持っている娘は元々英語を学ぶことが大好きだったのですが、娘のサポートができる英語塾が見つからず、どうしたらいいのか迷っていたところ、ようやくイングリブに出会えました。毎日イングリブのカリキュラムを通じてインプット量を増やしながら、週一回のオンラインレッスンが待ちきれない様子です。娘の「好き」を大切に成長させてくれるイングリブに感謝しています。これからの娘の未来が楽しみです。

英検に受かることで英語が自然にできるようになるものと思っていましたが、全く逆でした。本物の英語を習得することで自然な形で英検には合格できるのだと痛感しました。

私たち親世代の英語教育は英検などの試験に合格することが英語力というような考え方だったと思います。説明会で、ミンジェ先生から私たち親世代の英語教育の間違いを自分の子供にもさせてしまうのかと問われた時、ハッとしました。英語は本来楽しく学びながらどんどんインプットしていくことで本物の英語感覚が身に付き、英検は自然に受かるものと伺い、初めは信じられませんでした。娘は、毎日の課題であるリーディングとシャドーイングを練習する習慣がつき、本を読めることが嬉しくて好循環に入り、気がつくと本を読んでいることが増えました。試しにという軽い気持ちで受けさせた英検に軽々合格しました。その後も自然な形で英検に合格するようになり、最近では準二級に合格しました。

このカリキュラムの内容でこの値段を提供してくれるイングリブに出会えてよかったです。

東京都内の英語塾で週一回ブラックキャットシリーズの本で英語を習っていましたが、英語学習の習慣がつかないまま月5万円もするお月謝を払うことがいつも気になっていたところ、友達の紹介でイングリブに出会えました。イングリブでは、娘が好きなブラックキャットシリーズの本を使用しているだけでなく、レベル別に扱っている本の数が圧倒的に多く、子供が本を選ぶ楽しみも増えました。多読多聴カリキュラムやシステムがしっかりしているのに、毎月のお月謝は4分の1になりました。今は下の子も一緒にイングリブのオンラインプログラムに参加しています。一番嬉しいのは毎日の英語学習の習慣が身についたことです。

フォニックス集中コース
1対1-25分/週1~2回・3ヶ月コース
バイリンガル講師

¥9,900〜

(税金/システム利用料別)

インプットコース
1対1/25分/年45回
バイリンガル・ネイティブ講師

¥12,500〜

(税金/システム利用料別)

アウトプットコース
1対1/25分/年45回
バイリンガル・ネイティブ講師

¥15,000〜

(税金/システム利用料別)

BENシステム利用料
英語習慣作りをサポート

¥4,000

(税込/月々 ¥4,400)

今ならずっと¥1,650

入会金

¥10,000

(税込 ¥11,000)

FAQ

Frequently Asked Questionsよくある質問
お月謝を教えてください。

毎月のお月謝はそれぞれのコースによります。詳しくは、こちらのページをご参考にしてください。